1. すごくきれいなもの。でもどういうわけか、ぼくはそれに手が届くわけでもないし、すぐに忘れる。

     
  2. There are terrible things inside. I pretty much gave up on struggling.

     
  3.  
  4. 燃え尽きた感がある。たぶん、7月の暑くて暑くてたまらなくて、そのおかしなテンションがこの数日感で、実体がないまま空回りしてるんだと思う。あまりよくない。

    こういうときは、たぶん、旅するかなにもしないでのんびりするかがいいんだと思うけれど、そうもいかないようになってしまった。映画も見ないし、音楽も聴かないし、本も読んでないし。これもあんまりよくない。

    そろそろ、ちゃんと自分のアルバム完成させなきゃ。

     

  5. image

     

  6. image

    The hiding place.

     

  7. image

    日本の政治家はどうしても軍隊をどこかよそに送りたくなって、ガザでもウクライナでもいろいろ悪いことが立て続けに起こって、シエラレオネまでエボラ出血熱は広がって、そんな、世界ぜんぶおっこちているときに、ぼくはそれをただ見てる。

    人間っていう生き物の悪い面が、もしかすると人間っていうのはもともと悪い病気みたいなものかもしれないけど、そのとても悪い面がスポットライトでも浴びてるように、はっきりと明らかになってく。日常の舞台の上に。

    人間は人間に美しさとかかっこよさとかかわいさとか、そういうのを見出せるものだと思っていたけど、だってそうじゃない、高校生とか大学生の話しなんて、誰かが誰かのこと好きになる、そんなのばっかりだったでしょ。でも、そうじゃないんだね。そんなもん嘘っぱちだった。

    美しさなんてないのかも。人間なんて、そのあたりの生ゴミをもっとぐちゃぐちゃにしたものと変わらないかもしれない。ぐちゃぐちゃにしたもの。

    人間はいまのこの世界を多少でもいい方向に動かす意味のある言葉をなにか発せられるのか。

     

  8. image

    escape…

     

  9. image

    けっこう、ながい年月、iPhoneでカメラを補っていたけれど、もう液晶も割れるし、なんか色はおかしくなってるし、異常発熱するしで、あんまり持っていられなくなってきたから、新しいちゃんとしたカメラを手に入れた。中学のときから一昨年くらいまで使ってきてたニコンのカメラ以来だけど、やっぱカメラっていいなってなった。